炭水化物抜きダイエットは良くない

私が高校生だった頃、がっつり運動部でバレーボールをやっていた私ですが筋肉質なこともあり自分の体型に自信が持てなくなってきていました。
なので、友だちの間でよく流行っていた炭水化物ダイエットにチャレンジしました。自分にとって大好きなご飯や麺類を我慢するということは凄く辛いことでしたが、でも痩せるためだ!と思い、野菜や魚をたくさん食べて空腹をしのいでいました。

でもやはり限界がくるものです。なんだか凄くストレスが溜まっていくのを身に沁みて感じていました。運動をしていても、あまり集中できず力が入りませんでした。原因がわからなかったものの頑張れ自分!と思い続けてみましたが、ある限界を機に一口食べてみました。すると、解放感を感じたのか逆に暴飲暴食してしまい、完全なるリバウンドを果たしてしまいました。→「頑張らないダイエット

最初の体重から2週間で3キロ減ったものの、このリバウンドによって6キロくらい増えてしまったので、むしろプラマイプラスです。私はこのときにもう2度と炭水化物抜きダイエットはやめようと思いました。これはもちろんダイエットの効果を考えた上での意見でもありますが、それ以前に健康面で良くないことが多すぎると思います。だから、私は炭水化物抜きダイエットは勧めません。